インダクター部品専門メーカーの株式会社エス・エッチ・ティ

企業情報

company
cmpany history

会社沿革

1989
  • 大阪市北区に株式会社エス・エッチ・ティを設立
  • フィリピン キャビティ工場でTV、VTR用アンテナコイルの生産開始
  • 携帯電話用RFコイルの生産開始
  • チョークコイルの生産開始
1994
  • フィリピンマニラ工場(YOSHITA)を設立
  • 電磁鋼板コアの生産を開始
1995
  • カレントトランスの生産を開始
1996
  • アモルファスコアの生産を開始
1997
  • アモルファスコアを用いた薄型高圧トランスを開発(工業会長賞受賞)
  • 大手スポーツ用品メーカーのヒーター搭載アウターに搭載され、98年長野オリンピック公式ウェアとして使用される
1998
  • OEM(製造請負)主体から、自社商品(メーカー)主体へ事業形態の転換を完了
1999
  • チョークコイル用サイドギャップコアを開発(世界特許を取得)
2002
  • バンク巻線工法を開発。(世界特許を取得)
  • サイドギャップコア+バンク巻線コイルを用いたチョークコイルの生産を開始
2003
  • エス・エッチ・ティがISO14001認証を取得
  • リアクトルの生産を開始
2004
  • 大手自動車メーカー向け量産ハイブリッド車用センサーコアの生産を開始
2006
  • 大阪府泉佐野市りんくうに新社屋を竣工
  • 本社機能を大阪市北区から移転
  • フィリピン工場(YOSHITA)がISO9001認証を取得
2008
  • 兵庫工場(SHT兵庫)を設立
  • センサーコアの生産を開始
2011
  • 本社機能を大阪府泉佐野市りんくうから大阪市西区へ移転
  • りんくう社屋を物流拠点に転用、SHTロジスティックスとして運用を開始
2014
  • D型サイドギャップチョークコイルを開発
  • 第26回中小企業優秀新技術・新製品賞の優秀賞を受賞
2016
  • エス・エッチ・ティ、SHT兵庫がISO9001認証を取得
  • SHT兵庫がISO14001認証を取得
2018
  • エス・エッチ・ティ創業者𠮷森平が代表取締役会長に就任、𠮷森 俊が代表取締役社長に就任
  • タイ工場(T.I.T Electronics)に資本参加、センサーコアの生産を開始
2019
  • SHTエンジニアリングを設立
  • GMKトランスの販売を開始
2020
  • 三重工場(SHT三重)を設立
  • カレントトランス、センサーコアの生産を開始
  • 兵庫工場(SHT兵庫)がIATF 16949認証を取得
このページのトップへ